Skip to content

銀座ミツバチプロジェクト

銀座ミツバチプロジェクト
銀座ミツバチプロジェクト、クロップドポスター

先週、銀座ミツバチプロジェクト(銀座ミツバチプロジェクト)の創設者である高安和夫(高安和夫)と田中淳夫(田中淳夫)が、銀座の真ん中で成功した4年前の蜂蜜製造プロジェクトについて話してくれました。ハイブ。

松屋デパート裏の何の変哲もないオフィスビルにある目立たない会議室で会った。獣医師のグループが去っていき、すぐにプロの写真家が加わりました。東京で最も高価な商業地区で都市養蜂を開始して以来、銀座ミツバチプロジェクトは、National Geographic、BBC、CNNなど、地元、国内、および国際的なメディアから注目を集めています。

高安さんと田中さんは全ボランティアで活動しており、その経歴は有機農業や不動産にふさわしいものです。彼らは養蜂と衰退している産業の復活に深く取り組んでいます。田中さんは、第二次世界大戦後の日本再建のための森林伐採と稲作における農薬使用の増加という、日本の蜂蜜産業の衰退に寄与する2つの要因を説明しました。また、他の国々も「蜂群崩壊症候群」を経験していますが、日本は特に農家の高齢化と養蜂家の15,000人から約2,500人への減少に対して脆弱です。

銀座ミツバチプロジェクトは、蜂蜜の生産を復活させ、蜂、自然、人との関係への意識を高めることを目的としています。当初、25の建物のテナント全員が、30万匹のミツバチを収容する8つの巣箱を屋根に置く許可を得るのは困難でした。現在、年間440キロの蜂蜜を生産しており、その3分の1はボランティアに寄付され、残りの300万円は、オペラコンサートや有機農業を支援するファームエイド銀座イベントなどの銀座近隣プロジェクトに寄付されています。植樹、そして蜂の生息地を作るための屋根の緑化。大規模なボランティアベースには、銀座クラブの「ママさん」やバーテンダー、ランドスケープアーキテクト、アートセラピスト、子供たちが含まれます。プロジェクトスポンサーの松屋デパートでは、特製ペストリーやカクテルに銀座のはちみつを使用しています。

銀座ミツバチプロジェクトレーベル

田中さんが語ったおもしろい話のひとつは、銀座ミツバチプロジェクトが、絶滅の危機に瀕している近くの佛田島からミツバチを救出したことです。今では、以前は蜂蜜作りに適していないと考えられていたニホンミツバチの巣箱があります。日本のミツバチは、巣箱に対して「より穏やか」であると同時に「忠誠心が低い」と言われています。最初は少し不安でしたが、ハニーコームに指を入れて味わうように勧められ、美味しかったです。

銀座ミツバチプロジェクトハニカム

銀座のミツバチは、「タクシーより速く飛んで」、皇居と浜離宮に移動します。蜂蜜は、栗、オレンジ、クローバー、ミントなどの蜜源に応じてラベルが付けられています。ハニーボトルには収集日が記されています。今後の計画としては、東京駅近くにある20のハイブファームが期待されています。