ジャレド・ブレイタマン

それでも外国人が東京暮らしを愛する理由

私のNewsweek Japan の記事が出ました。「それでも外国人が東京暮らしを愛する理由」。(日本語)。

「本当に東京の暮らしが好きなんですか?」としょっちゅう聞かれる。こんな質問をするのは日本人が謙虚だからか、それとも劣等感があるからか。アメリカの生活がどんなものか知らないだけなのか。東京に来て2年になるが、いまだに理由がわからない。

。。。

たくさんTwitterのコメントをしてくれてありがとうございます。

Newsweek Japan article (日本語)

Newsweek Japan published my article about how Tokyo gardening turns public space into social space. The Tokyo Eye column allows Japanese to see how foreigners view and experience Tokyo, and I was asked to write in a very personal voice about how I experience living in Tokyo and why green space matters. I will post an English version soon.

東京の小さな緑を世界に誇れ

ジャレド・ブレイタマン

08年に仕事で初めて東京を訪れたとき、驚くと同時に感心させられたのは、この都市が実に人間的で、人と植物が共生する通りは活気に満ちあふれていたということだ。

多くの外国人と同じく私が東京に抱いていたイメージは、冷たく立ち並ぶ高層ビルと、渋谷のスクランブル交差点の雑踏、輝く広告のネオンだった。つまり、自然から完全に隔離された世界最大の都市を想像していたわけだ。

私自身これまでずっとガーデニングには深い愛情を注いできたが、東京の住民たちの植物を育てる情熱と創意工夫には今も驚かされる。そして、人間と建物がひしめき合う大都会で人と人を結び付けるコミュニティーが存在するという点にも。

ある日、初心者向けの陶芸教室を訪れた後、狭い歩道のアスファルトの割れ目から美しいパンジーが生えているのを見つけた。

東京ではほんの小さなスペースにも住民が気を配り、「緑の息吹」が宿っている。この印象がきっかけとなり、私はサンフランシスコから東京に移り住む決心をする。私は幸運にも日立と米外交問題評議会(CFR)が提携するフェローシッププログラムの奨学金を得て、デザイン人類学と都市生態学を融合させた「東京の小さな緑」の研究を始めることになった。

東京はアメリカやヨーロッパの都市とは異なり「小さな緑」にあふれていながら、日本人自身にはそのユニークな特徴に気付いていない。道端のパンジーがそれを気付かせてくれた。そこで私は、以下のような問いを掲げてみた。

1.なぜ東京の人々は自分の周りの環境にそれほど気を配るのか。

2.建物が密集する都市部で、自然はどのような役割を果たすのか。

3.東京のガーデニング文化から他の都市は何を学べるのか。

。。。

Newsweek Japan の全記事を読んで下さい!

東京新聞が「Tokyo Green Space」について書いてくれました

東京新聞が「Tokyo Green Space」について書いてくれました。十二月七日に日立で行ったプレゼンテーションのことに関してです。

Tokyo Shimbun wrote about Tokyo Green Space. The article is about my presentation conducted on December 7 at Hitachi’s headquarters.

Swerve blog post about my talk

Japanese architect Kuwahara Shigeru blogged about my recent Pecha Kucha talk. It’s the first architect review and the first Japanese language review of my work. Kuwahara-san is a talented architect and bright thinker, and I am flattered by his interest.

I will excerpt his Swerve blog post, and link to the full post.

おしゃべりしナイト。

友人がプレゼンするからと誘って貰い、久し振りにPecha Kucha Nightへ と遊びに行ってみました。その盛況振りには非常に驚かされましたが、分野も様々にバラエティー溢れるプレゼンター、とても面白く有意義な時間を得る事が出 来ました。(ペチャクチャナイト:20枚のスライドを見せる事ができ、各イメージについて20秒間だけ説明することが出来る。20×20=400秒約7分 間が持ち時間。クライン・ダイサム・アーキテクツが主催し、今や、世界300都市でこのイベントは行われ日々拡大している。)

そこでは、スターも異端児も関係ない、同じ土俵、同じ持ち時間。英国・ハイドパークパークの「スピーカーズ・コーナー」のように、誰もが自分の持論を自由にぶちまけることが許されています。

友人Jared Braiterman氏は、外交関係評議会(米国の超党派のシンクタンク、政策決定などに大きな影響力を持つ)のメンバーであり、昨年より日本に拠点を置かれている。日立や東京農業大学の研究員としての顔も持つ。彼の視野は広い。

今回の彼のプレゼンは、Tokyo Green Space/東京の小さな緑と 題し、都会の中で、緑地をどのように感じ、育み、楽しんでいけるのか、あらゆる角度から可能性を探っていこうとするモノであった。これだけの国際社会に なって、外人も日本人もないが、やはり我々が普通にやり過ごしていることに目が止まるようだ。アイロニーなユーモアと温かい楽観的な視線が、コンニチの東 京を伐る。

Continue reading on Swerve blog.