日陰

Tanuki offers giant shade structure to passers-by outside Shibaura House

94760022

.@shibaurahouse の「友達を作ろう」のワークショップの参加者とタヌキさんは、歩道の日陰を提供するために、身体を変えました。

With help from Shibaura House’s Making Friends participants, tanuki transforms his body into a giant shade structure. 94760020

Thanks Shibaura House for hosting Making Friends with Tanuki

tanuki_shibaura_park_bench

芝浦ハウスに感謝いたします。昨日の「タヌキと友達を作ろう」イベントでは、タヌキさんがサラリーマンに日陰を提供したり、働いている人にウマイボーをあげたり、子供たちにあいさつをしたりしました。何だろうと思った人は、遠くから見ていました。写真は芝浦ハウスのフィイスブックからです。

On a hot day, tanuki offered shade to office workers, shared salty snacks with laborers, and interacted with children. Tanuki brought surprise and wonder. Many people, including elementary school students, kept a safe distance from this foreign element. Photo above from Shibaura House’s Facebook.

Creative use of sidewalk to grow bitter melon awning

東大の前のレストランはゴーヤを育てています。歩道と車道のあいだの狭いスペースに植わっていて、夏のグリーン・テントのようになっています。一度、ゴーヤが歩道を越えれば、二階の窓のグリーンカーテンになります。ほとんどスペースのないところで、食べ物と日陰を提供します。

Directly across from the University of Tokyo, I was delighted to see this green awning of bitter melon (also known as goya) growing up the guard rail and then over the sidewalk. The restaurant owner or manager is using a very narrow space to grow the vegetable, and then extending it with simple nets into a canopy. Once across the sidewalk, the goya forms a very tidy green curtain for the second floor window, providing some shade in this hot and humid summer.

Hanazono shrine offers shade and escape

蒸し暑い東京の夏は、日陰と木がとてもいいです。花園神社の入り口は新宿の混んでいる靖国通りの前です。神社はだれでも歓迎します。入ると、交通やネオンからちょっとのがれて、肉体的にも精神的にも一休みできます。

In Tokyo’s hot and humid summer, shade and trees are always welcome. I love how the entrance to Hanazono shrine faces busy Yasukuni Dori in Shinjuku, offering a physical and spiritual respite from traffic, commerce, neon, and host clubs.