種爆弾

Can stylish seed bombs make better neighbors?

clintonpark_seedbomb

種爆弾を使って、お隣がよくなるでしょうか? カリフォルニア・ススキと野草の種の入った種爆弾を隣の庭に投げ入れました。何も生えていなくて、さびしいので。パッケージと成分表がなかなか素敵でしょう?

My San Francisco neighbor is an absentee landlady, who grows nothing but weeds in her back yard. After some pre-watering, i threw two seed bombs over our fence. I wonder if these wildflowers and grasses will sprout?

I love the packaging and the ingredient list.

clintonpark_seedbomb_ingredients

Shibaura House の年報に、私のプロフィールが紹介されました。

braiterman_shibaurahouse_annualreport_final

去年は、Shibaura House で、子供たちと一緒に種爆弾を作る教室、フィールドワークの散歩、そして、食べられる緑を植えるイベントをさせていただきました。

Thanks to Shibaura House for including me in their annual report. Last year, I organized a kids’ seed bomb workshop, a fieldwork walking and mapping event, and vegetable planting at Shibaura House.

5月から7月にかけ、都会で生活しながら気軽に緑に親しむことをテーマにした緑化プロジェクト「たべるみどり みるみどり」を実施し、様々なイベントを通して緑の楽しみ方を提案しました。ジャレドさんは、芝浦地域を探索するフィールドワーク、子ども向けのワークショップ等の講師を担当。

Jared Braitermanデザイン人類学者/東京農業大学研究員

身近なところにある自然をじっくり観察してみよう。

デザイン人類学者としてIT業界の仕事をする一方、東京農業大学の研究員として、

東京の緑地空間について研究しています。最近では「海外の日本庭園[*1]」という、海外にある日本庭園をまとめたウェブサイトの制作にかかわりました。私自身が運営しているブログ「Tokyo Green Space[*2]」では、東京の自然を観察し、写真とエッセイで紹介しています。

「たべるみどり みるみどり」では、3つのイベントを担当しました。シバウラ・フィールドワークでは、三田の「芝の家」からSHIBAURA HOUSEまで、街なかの緑を記録しながら散策し、参加者のスケッチや写真を集めて、グリーンマップ(緑の地図)をつくリました。 道端の草花を観察したり、通ったことのない細い道を歩くことで、芝浦という地域が参加者の皆さんにとって少し身近な存在になったのではないかと思います。残念ながら雨が降る中での散策になってしまったけれど、皆さん積極的に楽しんでくれたことが印象に残っています。子ども向けワークショップでは、泥だんごの中に植物の種を入れた、タネだんごづくりをしました。子どもを対象に、しかも日本語で講師をするのは初めてでした。とても緊張しましたが、子どもたちが泥を触ることを楽しんでくれてうれしかったですね。片山陽介さん(植物自由区代表)と対談したトークイベントで、都会で緑を楽しむ方法や、海外と日本の緑の比較などについてお話しできたのも楽しかったです。さて、今年はどんな緑を植えましょうか?

———

デザイン人類学者。東京農業大学研究員。ブログ「Tokyo Green Space」では、東京の小さな緑が「都会の森」へとつながる可能性を探求している。 *1:nodaigarden.jp *2:tokyogreenspace.com

Seed bomb recipe for kids workshop at Shibaura House

.@ShibauraHouse の子供たちのワークショップのために、この種爆弾のレシピを書きました。五種類の種を使いました。人と動物の食べられる植物を選んで、背の高い花は見えやすいので選びました。子供が粘土と土と種を混ぜて、汚れるときが楽しかったようです。

This is the handout I made for the Shibaura House seed bomb workshop for kids. The recipe is 5 parts powdered clay, 2 parts soil, 1 part seed, and 1 part water. Thinking about the season, late spring, just before rainy season, I chose clover, soba, sunflower, hollyhocks, and watermelon.

The seed selection also responded to the theme of “eating and seeing green.” I wanted to provide food for animals as well as people, as well as flowers that are tall and easy to see. The soba and clover seeds are the least expensive and served as the seed “base.”

Corrected: Below are photos from the event, taken by Naomi Muto and written up by Shirakuma Ikuko in Japanese. It’s funny that my instructions were to make balls (dango), but the kids enjoyed making shapes like stars, bows, donuts, Jupiter, and even a black hole.

In the afternoon, the adults who attended the kick-off talk event also participated in vegetable planting on the 4th floor. Shibaura House is tweeting the growth of their new garden!

Participating in Shibaura House’s Eat and See Green

来週の土曜日の5月19日、SHIBAURA HOUSE の「たべるみどり みるみどり」のキックオフイベントに参加します。子供たちのために種爆弾のワークショップ、グリーンカーテンとグリーン階段の作り方のワークショップ、そして片山陽介さんとトークイベントをします。興味があれば、是非来てください。

Next Saturday, May 19, I’ll be participating at the kick-off of Shibaura House’s two month Eat and See Green program. I am leading a workshop for kids to create seed bombs, helping plant a green curtain and staircase at Shibaura House, and talking on stage with Katayama Yousuke (片山陽介). The events are low-cost and open to the public!