日本のギャンブル事情

日本にはまだカジノがありません。しかしIR法案が可決されたことにより、近い将来日本にカジノを含む統合型リゾートが建設される可能性があります。しかしカジノがなくても国内には、賭博ができる場所が多々あり、それらの場所は国民の娯楽施設として大変人気があります。政府主催の競馬やモーターレース、競輪など、ありとあらゆる賭けを楽しむことができます。パチンコ台や電子麻雀テーブルなどから発せられる音は、大変耳に心地よいものです。

競輪

bike-riding-1149234_960_720

競輪には非常に長い歴史があります。そして驚くことに競輪が日本発症のギャンブルであるということを知っている人はごくわずかです。競輪は、戦後の日本政府によって法整備が行われ、創設されました。今日では、公式のオリンピック競技であるにも関わらず、賭博全体に対して向けられている世間の厳しい目を避けるために、競輪「隠れギャンブラー」となっている人は少なくありません。

宝くじ

「クーちゃん」は、日本の宝くじの公式マスコットの名前です。愛らしい黄色いクジラのクーちゃんは、全国に設置された宝くじ売り場で、何百人もの人々を迎えます。しかし、世界のあらゆるくじと比較しても、日本の宝くじは、勝率が低いくじの1つであるため、当選はあまり期待しないほうがいいでしょう。宝くじのペイアウト率は、50%以下ですが、くうちゃんは、いつも笑顔です。

麻雀

Mahjong game

麻雀は、原則4人で行う人気のボードゲームです。都市部には、麻雀店がたくさんあり、入店すると店員がすぐに対戦相手のマッチングをしてくれます。麻雀の発祥は中国ですが、日本にこのゲームが伝わるや否やたちまち人気を博し、現在では国内で最も人気のあるテーブルゲームとなっています。ルールに慣れるまで、多少時間がかかりますが、それでも投資する価値は十分あります。プレイヤーは、麻雀店で勝ちのチャンスに恵まれることがあるでしょう。そして運が味方してくれた場合は、勝利を得ることができます。スリル満点のゲームを安全に楽しむことができるのです。麻雀店は、胴元に支払う寺銭ではなく、基本的にプレイヤーの利用料金で収入を得ています。

パチンコ

パチンコ店は街の中心部から郊外まで至る所に見られ、特に主要な駅周辺に密集しています。パチンコは、国内で最も人気のゲームであり、店舗内はその外観以上に広いと感じることでしょう。派手で騒々しくスモーカーの多いパチンコ店は全国に散らばっており、およそ12,000店舗ほどあり、業界全体で年間20兆円もの売り上げがあります。パチンコの驚くべき点は、スキルを上げることで、台を打ち負かすことができるということです。プレイヤーに負担がかかることもありますが、長期戦で挑み、プロのパチンコプレイヤーになることができれば、安定した収入を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *